ガーデニング

気になる料金

エクステリア

庭木の伐採をプロに依頼した場合、どれくらいの金額なのか、高いのではないかと思って、なかなか依頼に踏み切れない人も多くいます。しかし、意外にも安く、低木で1本千円程度から庭木の伐採を行なってくれます。

Read More

買取で価値を再び

エクステリア

農機具の買取りについては専門業者が行っているものになりますが、その相場の把握をするということが高値での取引をするためのポイントになってきます。見積もりからしっかりと行ってもらうということに注意をしておきましょう。

Read More

相場を知る

エクステリア

最近では、ネット検索を活用して、簡単に相場価格を調べることができるので非常に便利になっています。買取をする場合は、型番を検索することで簡単に相場を調べることができます。

Read More

初めてでも大丈夫

ガーデニングの初心者

エクステリア

初心者のガーデニング失敗例には、植え過ぎて景観を損ねてしまったり、手入れを怠って生え過ぎてしまうような事例があります。これでは住環境が悪くなり、風が送られて来ない等の問題を発生させてしまいます。特に多くの品種を植え続けてしまうと、その数に比例して色んな種類の虫をおびき寄せてしまう可能性があるのです。これらの被害を避けるために、現在ではスッキリとした庭を取り戻すための取り組みが行われています。ガーデニング初心者ではありがちなミスでもありますので、少しずつ改善させて充実した趣味として楽める環境づくりをしましょう。

日光を取り入れる

剪定と言うと、庭の美しさを保つために行う印象が昔からのイメージであります。日本から伝わる和の雰囲気や、わびさびを守るために技術が培われて来ました。しかし、住宅の構造や利便性の追求によって、剪定の目的や意味も少しずつ変化して行きました。中でも昔は行われなかった取り組みとして、冬場の作業があります。これは、冬場の晴れた日に浴びせられる日光の温かさを取り入れるために行われています。冬場はそれ程激しくは生えて来ませんが、植物の種類によっては伸び続ける品種もあります。綺麗に剪定する事で、日差しを効率良く取り入れて屋内の空調コストを下げられるのです。冬場を温かく過ごすために生み出された剪定の知恵で、一部の人達の間では常識のように根付いています。